おすすめのクリーナー【予算2万円】

20,000円前後のクリーナー

この項目では、予算20,000円前後で購入できるおすすめの掃除機を紹介します。クリーナー市場の平均単価が約20,000円ということで、家庭でメインになる4〜5万円の価格帯の掃除機が型落ちで安くなっているパターンや、シングルライフに適した掃除機でも少し機能的に良い物が出てくる価格帯でもあり、ボリュームゾーンで幅広い機種が揃っています。

シャープ サイクロン掃除機 EC-VP1

 

EC-VP1は、シャープのサイクロンクリーナーです。商品カタログや公式サイトには掲載がないモデルで、販売ルートを限定した商品と推測されます。本体質量2.7kgの軽量コンパクトサイクロンクリーナーとなっており、2013年に発売されたEC-PX210とスペックや付属品が同じになっています。ですからこの2機種はほぼ色違いと言えるでしょう。

 

EC-PX210は税込2万円弱ですがEC-VP1はAmazonで15,800円(税込)となっており、在庫限りと思われますが大変お買い得です。

シャープ サイクロンクリーナー EC-PX210

EC-PX210は2012年発売のシャープのサイクロン掃除機で、本体質量2.7kgという軽量タイプです。全体的なコンパクトさに加え自走式のパワーブラシやプラズマクラスターイオンなど、機能も豊富で、小型クリーナーカテゴリでのヒット掃除機です。吸込仕事率は320Wとなっています。

 

EC-PX210の紹介ページはこちら

 

楽天で買う→シャープ EC-PX210

三菱電機 紙パック掃除機 雷神 TC-BXA15P

 

TC-BXA15Pは、2011年発売の三菱電機製紙パック掃除機です。「雷神」という愛称がついている、同社紙パック掃除機の最上位モデルとなっています。

 

2014年11月現在、このTC-BXA15Pの後継モデルが発表・発売されておらず、このTC-BXA15Pは元値5万円から、現在2万円を切る価格で処分がされています。

 

TC-BXA15Pは本体質量が4.8kgと、現行の三菱電機紙パック掃除機「ビケイ」に比べると本体質量が2倍あり、大きめの掃除機になります。ただし、本体内のボックスで紙パックを効率的に膨らまし、ゴミを圧縮しながら溜め込む構造となっているため、紙パックは通常モデルの約2.4倍のゴミを入れることが可能になっています。

 

楽天の価格をチェック→三菱電機 紙パック掃除機 TC-BXA15P

三菱電機 紙パック式クリーナー TC-FXD8P


TC-FXD8Pは三菱電機の紙パック式クリーナーです。この掃除機は自走式のパワーブラシを搭載しており、本体質量2.4kgという紙パック式クリーナーで最軽量レベルながら500Wの標準的な吸込仕事率を持っています。また延長管やヘッド部分も軽量化していますので全体の重さも3.8kg程度と気になりません。

 

TC-FXD8Pの紹介ページはこちら

 

軽量の掃除機は現在の主流であり、メーカーはこぞって小型化を突き詰めています。サイクロン掃除機の小型モデルは比較的パワーが少なめですが、TC-FXD8Pは紙パック掃除機では標準的な吸込仕事率500Wということで、従来と変わらず強力な吸込みで掃除できる感覚になっています。

 

楽天で買う→三菱電機 紙パック掃除機 TC-FXD8P

日立 紙パック掃除機 CV-PW20 かるパック

CV-PW20は2012年発売の日立の紙パック掃除機です。自走式モーターブラシを採用し、吸込仕事率も670Wと超強力なパワーを誇りますので、じゅうたんのゴミもぐんぐん進んで吸い取ります。2014年発売の現行モデルとして、CV-PA30が発売されていますが、スペックとしては違いは少なく、2万円を切る価格で元値5万円以上の強力なクリーナーが購入できるのはチャンスです。Amazonで処分価格となっており、おすすめです。

 

CV-PW20の商品紹介はこちら


20,000円の予算でおすすめの掃除機 | 掃除機、クリーナーの正しい選び方関連ページ

予算5,000円
予算10,000円
予算30,000円

 
アレルギー対策の掃除機 予算別・掃除機の選び方 排気のきれいな掃除機 音の静かな掃除機 【特集】ふとんクリーナー