VC-PG311 【東芝の紙パック式クリーナー】の最安値ショップを紹介!

VC-PG311(生産終了、型落ち機種)

VC-PG311

VC-PG311は、東芝の紙パック式クリーナーです。コンパクトながらパワフルな掃除機として、吸込仕事率610W、Agイオンパワーヘッド、トリプル脱臭クリーン排気設計などを搭載したハイエンドモデルとなっています。ハンドバッグのようなすっきりとした見た目、クロームメッキで目立つ本体ハンドルなど、持ち運びやすさも考慮されています。

 

VC-PG311の後継機種:VC-PG312

 

VC-PG311の主な特長

  • ゴミ残しまセンサー&エコモードで消費電力量最大約58%削減
  • 本体3.4kgの軽量ボディで階段の掃除もラクラク
  • 自走式Agパワーイオンヘッドで床をふいたようにすっきり
  • トリプル脱臭クリーン排気設計で0.5μm以上の微細塵約99%捕塵

 

VC-PG311 レビュー、使用感

VC-PG311は、いい意味でも悪い意味でも一般的な紙パック掃除機といって差し支えないモデルです。吸込仕事率は610Wで実用的には申し分なく、自走式のパワーブラシ、ゴミ残しまセンサー、クリーンな排気を実現するフィルターなど、これぞ高級掃除機という機能が盛り込まれている機種になっています。

 

ただ、VC-PG311含め現行モデルの東芝のクリーナーには、東芝ならではのオリジナルな機能が少ないように感じます。残念ながら他社の後追いをしている機能が多くなってしまっています。サイクロンクリーナーへやや開発資源をシフトしているということもあるでしょう。ただ飛び抜けて独自デザインや独自機能が少ないというだけで、店頭で試しても全く実用に問題はなく、予算内に収まればむしろ満足度の高い紙パック掃除機となってくれるでしょう。東芝は以前は「メガホイール」や「クワイエ」といった特長の強いクリーナーを出していましたので、紙パック式は比較的標準のデザインや機能を打ち出すようにしているといえるかもしれません。大きな特徴はないながらも、誰が使っても使いやすいといった位置に収まっているなと思いました。

 

VC-PG311の最安値価格、最安値ショップを紹介

Amazon.co.jpの最安値はこちら

 

VC-PG311の紙パック・別売オプション

 

 

VC-PG311の仕様(スペック)

型名 VC-PG311
カラーバリエーション

R色(グランレッド)

吸込仕事率 610W〜約40W
消費電力 1000W〜約120W
本体寸法(幅×奥行×高さ) 252×355×218mm
本体質量 3.4kg
ホース、延長管、ノズルを合わせた質量 5.4kg(モーターブラシ)
運転音 67dB〜約60dB
集塵容積 1.4L
発売年月 2011年9月

VC-PG311 東芝 紙パック式クリーナー │ 掃除機・クリーナーの正しい選び方関連ページ

VC-PG314
VC-PD9
VC-PC7A
VC-PC6A

 
アレルギー対策の掃除機 予算別・掃除機の選び方 排気のきれいな掃除機 音の静かな掃除機 【特集】ふとんクリーナー