VC-C3 【東芝のサイクロン掃除機】の最安値ショップを紹介

VC-C3

VC-C3 東芝 サイクロン掃除機 トルネオミニ

VC-C3は、東芝のサイクロンクリーナー「トルネオミニシリーズ」の1機種です。VC-C3はデュアルトルネードシステムとして、吸い込んだゴミを遠心分離で吸引力が維持されやすくなり、さらにカップの底の部分では遠心分離のスピードを弱めて、綿ゴミなどを空気の力で圧縮するというサイクロン方式を採用しています。

 

また、VC-C3は凹凸のないスッキリデザインを採用し、本体2.3kg、標準質量3.8kgと超軽量になっているモデルです。2012年発売の旧モデル、VC-C12と比較して本体で200gの軽量化を行いました。本体が2.3kgというのは他社のサイクロン掃除機と比較してもトップクラスの軽量タイプですので、2台目の掃除機として、またお年寄りなどにぴったりのコンパクトクリーナーとなっています。

 

同時発売の上位モデル、VC-C3AはVC-C3と本体部分は色違いで同一デザインですが、タービンブラシを搭載しているフローリング対応の掃除機です。延長管はカーボン素材ではなく通常の樹脂パイプで、VC-C3の延長管部分にある手元ブラシやすき間ブラシもカットされています。じゅうたんの毛足などしっかりと集じんを行いたい場合や、両機種の価格がそれほど差がないという場合にはVC-C3をおすすめします。

 

主な特長

本体2.3kgの超軽量ボディ

VC-C3は、本体がトップクラスの軽量が大きな特長です。もともと「トルネオミニ」は本体がかなり軽量ということでユーザーも多いシリーズですが、2013年発売のVC-C3は旧型のVC-C12から200g軽くなり、さらに持ち運びしやすくなりました。

スッキリデザインで家具や障害物にぶつかりにくい

2013年12月発売ののVC-C3は、先行して同年10月に発売されている「トルネオV コンパクト」VC-S43、VC-S33、VC-S23とよく似た形状の本体デザインに変更されており、これらの機種は本体の側面がフラットで凹凸が少なくなっています。これにより家具や障害物のに当たりにくく、また人間の脚に当たっても倒れにくい形状になっています。

デュアルトルネードシステムで吸引力が持続

旧モデルのVC-C12から引続き、「デュアルトルネードシステム」のサイクロンダストカップになっています。遠心分離と圧縮によりゴミの目詰りを少なくし、お手入れもカップ上部の「ちり落としレバー」を上下させることで通常のお手入れとなります。また、汚れがひどくなった場合にはダストカップをばらして水洗いが可能となっています。

エコモードで約38%節電

VC-C3には、東芝の上位のサイクロン掃除機と同様、エコモードを搭載しており、床面の形状に応じて強弱を切替えます。これにより、強モードのみで運転させるときに比べて約38%消費電力量を削減可能です。

 

最安値価格、最安値ショップを紹介

参考価格

VC-C3発売開始時価格:39,800円

楽天市場の最安値

東芝 サイクロン掃除機 VC-C3

 

Yahooショッピングの価格

東芝 サイクロン掃除機 VC-C3

 

Amazonの最安値

 

 

VC-C3のレビュー、使用感

VC-C3は、遠心分離の方式を採用しているサイクロン掃除機ですが、いちばんの特長としては「廉価で購入可能な軽量コンパクトサイクロン掃除機」ということで、遠心分離力やお手入れの手軽さ、排気のクリーンさなどは東芝の上位モデルや他社の機種が上回っているものもあります。その分、VC-C3は軽量で使いやすい掃除機という位置づけで発売されているシリーズで、2階用やシングルライフの方、また高齢者の家庭にと一定の需要のあるゾーンのサイクロン掃除機です。ただVC-C3はモーターヘッドを搭載したモデルですので、パワーの弱さをヘッドの回転で補うため、じゅうたんのある家庭でも対応可能になっています。

 

VC-C3はコンパクトな分、ダストカップも小さくなっていますので、こまめなゴミ捨てとダストカップのお手入れが必要です。ゴミ捨てはカップ正面にボタンがあるのでそれを押すと底面がパカっと開いてワンタッチで捨てられますが、カップ中央のメッシュフィルターと上部にあるプリーツフィルターには微細なホコリなどが残りますので、通常はお手入れブラシでホコリを取り除き、プリーツフィルターはちり落としレバーで微細なゴミを振動で落とします。

 

それでも完全には落としきれませんので、汚れがひどくなった場合または1ヶ月に1回、カップを水洗いで汚れを落として、乾燥させて再度利用するという流れになります。お手入れに関しては、東芝の上位モデル「トルネオV」がラクに行える分、高級モデルということになっています。

 

なお、同日発売の上位機種であるトルネオミニ VC-C3Aはフローリングターボブラシを搭載した廉価タイプで、エコモードや延長管の2箇所にある手元ブラシ、すき間ブラシがカットされています。これら付属ブラシの使い勝手が良いので、どちらか迷った場合には予算が許す限りVC-C3の方がおすすめモデルになります。

 

VC-C3 関連機種

いずれも、モーターヘッドを搭載した小型・軽量タイプのサイクロンクリーナーです。発売時価格4万円前後の機種は、値下げが進むと実売価格2万円〜2.5万円程度になるため、コストパフォーマンスが高いゾーンです。

 

東芝のVC-C3、パナソニックのMC-SR21J、シャープのEC-PX210はいずれもダストカップ容量2.5Lながら遠心分離サイクロンを採用し、ゴミを分離する力が比較的高いクリーナーです。EC-PX210は自走式パワーブラシになっています。

 

対して日立のCV-SY100と三菱電機のTC-EXC10Pは遠心分離のないダストボックス型の簡易サイクロン掃除機ですが、その分内部は分かりやすい作りになっています。また、TC-EXC10Pは「毛がらみ除去機能」搭載の自走式パワーブラシで、ブラシのお手入れがラクラクなのが他にはない機能です。

 

仕様(スペック)

型名 VC-C3
カラーバリエーション

VC-C3-R(グランレッド)

VC-C3-N(ピンクゴールド)

吸込仕事率 300W〜約?W
消費電力 850W〜約?W
本体寸法(幅×奥行×高さ) 220×295×255mm
本体質量 2.3kg
ホース、延長管、ノズルを合わせた質量 3.8kg(モーターブラシ)
運転音 64dB〜約?dB
集塵容積 0.25L
発売年月 2013年12月

 

2013年モデルVC-C3、VC-C3Aと2012年モデルVC-C12、VC-C12Aの比較

2013年の新型と2012年発売の旧モデルの比較表になります。違いはそれほどありませんが、新しい本体デザインでさらに軽量化を行いました。

 

VC-C3

(2013年モデル)

VC-C12

(2012年モデル)

VC-C3A

(2013年モデル)

VC-C12A

(2012年モデル)

商品写真

東芝 サイクロン掃除機 VC-C3-R

東芝 サイクロン掃除機 VC-C12

東芝 サイクロン掃除機 VC-C3A-P

東芝 サイクロン掃除機 VC-C12A-P

本体サイズ 幅220×奥行295×高さ255mm 幅215×奥行315×高さ257mm 幅220×奥行295×高さ255mm 幅215×奥行315×高さ257mm

本体質量
(標準質量)

2.3kg

(3.8kg)

2.5kg

(4.0kg)

2.3kg

(3.7kg)

2.5kg

(3.9kg)

ヘッド

モーターヘッド

(非自走式)

モーターヘッド

(非自走式)

フローリングターボヘッド

フローリングターボヘッド

吸込仕事率

300W〜約?W

320W〜約30W

300〜約?W

320W〜約80W

消費電力

850〜約?W

850〜約120W

850〜約?W

850〜約250W

運転音

64〜約?dB

64〜約58dB

64〜約?dB

64〜約58dB

集じん容積

0.25L

カーボン素材

延長管に使用

ecoモード

ゴミ残しまセンサー

サイクロンの分離性能・圧縮性能

不明

排気性能

0.5μm以上の微細じんを約99.9%補じん

排気フィルター

・フラボノイドフィルター

・高集じんプリーツフィルター

付属品

・すき間ノズル

・お手入れブラシ

※延長管部分に手元ブラシ、すき間ブラシ装着

・すき間ノズル

・お手入れブラシ

・別売品用アタッチメント

発売時期

2013年12月

2012年10月

2013年12月

2012年10月

発売時想定価格

39,800円

39,800円

29,800円

29,800円

型名

VC-C3

VC-C12

VC-C3A

VC-C12A


VC-C3 サイクロン掃除機 トルネオミニのレビューと最安値価格関連ページ

VC-SG514
VC-SG513
VC-SG414
VC-SG314
VC-S214
VC-S43
VC-S33
VC-S23
VC-C3A
VC-J3000
VC-CL100

 
アレルギー対策の掃除機 予算別・掃除機の選び方 排気のきれいな掃除機 音の静かな掃除機 【特集】ふとんクリーナー