VC-C11A 【東芝のサイクロン式クリーナー】の最安値ショップを紹介

VC-C11A(生産終了、型落ち機種)

東芝 サイクロン式クリーナー VC-C11A

VC-C11Aは、東芝のサイクロンクリーナーです。VC-C11Aはデュアルトルネードシステムとして、吸い込んだゴミを遠心分離で吸引力が維持されやすくなり、さらにカップの底の部分では遠心分離のスピードを弱めて、綿ゴミなどを空気の力で約1/5まで圧縮するというサイクロン方式を採用しています。また、VC-C11Aは本体2.5kg、標準質量4.3kgと超軽量になっているモデルです。VC-C11とこのVC-C11Aは、モーターブラシかエアーブラシ(=タービンブラシ)かで分かれているクリーナーとなっています。

 

VC-C11Aの後継機種:VC-C12A

 

VC-C11Aの主な特長

  • デュアルトルネードシステムで吸引力が持続
  • 軽量コンパクト、持ち運びも収納もラクラク
  • エコモードで消費電力量最大38%削減

 

VC-C11A レビュー、使用感

VC-C11Aは、遠心分離の方式を採用しているサイクロン掃除機です。同じ東芝のサイクロン掃除機であるVC-SG712VC-CG311などとは異なり、本体を超軽量にしているタイプで、お年寄りや女性向けのニーズに対応したモデルです。

 

メリットとしては軽量はありますが、吸込仕事率が330Wと弱めになっている部分と、ダストカップが小さいので、遠心分離の効率はそれほどよくありません。店頭の実機を確認しても、ダストカップの中央部にあるメッシュフィルターにはホコリがびっしりとついていましたので、かなりこまめに手入れが必要になるモデルになっています。なお、このVC-C11Aはエアーブラシですので、主にフローリングの床が多い家庭に適しています。

 

VC-C11Aの最安値価格、最安値ショップを紹介

Amazon.co.jpの最安値はこちら

 

 

VC-C11Aの仕様(スペック)

型名 VC-C11A
カラーバリエーション

P色(ピンク)

吸込仕事率 320W〜約80W
消費電力 850W〜約250W
本体寸法(幅×奥行×高さ) 215×315×238mm
本体質量 2.5kg
ホース、延長管、ノズルを合わせた質量 4.0kg(タービンブラシ)
運転音 64dB〜約58dB
集塵容積 0.25L
発売年月 2011年9月

VC-C11A 東芝 サイクロンクリーナー │ 掃除機・クリーナーの正しい選び方関連ページ

VC-SG514
VC-SG513
VC-SG414
VC-SG314
VC-S214
VC-S43
VC-S33
VC-S23
VC-C3
VC-C3A
VC-J3000
VC-CL100

 
アレルギー対策の掃除機 予算別・掃除機の選び方 排気のきれいな掃除機 音の静かな掃除機 【特集】ふとんクリーナー