掃除機の選び方

掃除機のカテゴリー

掃除機、クリーナーは日本では約80年という歴史を持ち、縦長の本体と電気コードをつないで掃除し、収納は布袋に・・・といった時代から、様々な形状のものに発展してきました。現在は、概ね下記のタイプに分類されています。

 

電気コード式掃除機

キャニスター型(横型)
紙パックタイプ

紙パック式横型掃除機 キャニスタークリーナー

1980年代に主流となり、現在も高いシェアを持つ一般的なタイプ。強力モーターが生み出すパワー、本体とパイプ・ヘッド部分がホースで分かれているため、本体を床において転がしながら掃除ができます。本体にセットした紙パックにゴミが溜まっていくため、徐々に吸引力が低下することや長期間使用していると排気の質・ニオイが気になるという面がある一方、紙パックが満杯になれば基本的にこれを交換することでお手入れが完了するといった手軽さがあります。
サイクロンタイプ

サイクロン式横型掃除機 キャニスタークリーナー

従来の紙パックを使用せず、プラスチック製のダストボックスにゴミを収めるタイプ。ダイソン社が日本国内に世界初のサイクロンクリーナーを投入した1998年から注目され始め、2000年ごろから国内メーカー各社が製造を開始しました。ゴミの入る内部が竜巻(サイクロン)のように回転するため、遠心力が生まれゴミと空気を遠心分離することにより、吸引力が落ちないという利点が最大の特長となっています。現在では製造コストを重視した結果吸引力の維持がほとんどされない簡易式のサイクロン、いわゆる「なんちゃってサイクロン」と呼ばれるような廉価タイプのサイクロンクリーナーや、日本の家庭環境に合わせ小型化したサイクロンクリーナーなどの種類が増えています。
アップライト式、スタンド式(縦型)

スタンド式タテ型掃除機 アップライトクリーナー

本体部分とゴミ収納部分が縦長となっており、床用ノズルが本体下部に直結されているクリーナーです。収納場所に困らないスリムな形状で1人暮らしの家庭や2台目の掃除機として需要があります。基本的には床掃除のみしかできないようなものが多いですが、本体に接続されているホースなどですき間も掃除できるクリーナーもあります。以前はスタンド式クリーナーにも紙パック式とサイクロン式がありましたが、現在はほとんどがサイクロン式(または紙パック不要タイプ)になっています。海外ではアップライト式という呼び方がされています。
ハンディタイプ

ハンディ式小型掃除機 ハンディクリーナー

小型モーターを積んだ本体にノズルを接続して、手元や車内などを掃除する用途の掃除機がハンディクリーナーです。本体が小さいので一般的な横型クリーナーまでのパワーは出ませんが、付属品としてホースや延長管がついている機種もあるので、そういったものでは手元のみならず床や高い場所などといった場所も掃除ができるようになっています。ハンディクリーナーは紙パック式、サイクロン式それぞれ一定の種類が発売されています。

 

コードレス(充電式)掃除機

キャニスター型(横型)
紙パックタイプ

コードレス式紙パック掃除機 キャニスタークリーナー

コードレス式とは充電池を本体に搭載し、充電した後定格の使用時間分クリーナーとして使用可能なタイプです。以前は日立やナショナル(現パナソニック)からコードレス式の紙パッククリーナーが発売されていましたが、電池で動く以上ある程度のパワーと使用時間を確保しなければならず、なかなか顧客の満足する性能が得られなかったことや、電池自体のコストも安くはないため、2012年現在でキャニスター式のコードレス紙パッククリーナーは発売されていません。
サイクロンタイプ

コードレス式サイクロン掃除機 キャニスタークリーナー

以前は東芝、日立がコードレス式の横型サイクロンクリーナーを発売していましたが、現在ではシャープが1機種のみ発売しているのみです。理由は上記の紙パック式と同様と思われます。最近は電池技術の進化がめざましいので、主に海外メーカーがコードレス型でスティックタイプを発売し、人気となっています。この流れに乗って国内メーカーも、再びコードレス式に参入することがあるかもしれません。
スティックタイプ

コードレス式サイクロン掃除機 スティッククリーナー

縮小してしまったコードレスキャニスター型と違い、このカテゴリはダイソンのデジタルスリム(DC35、DC45)やエレクトロラックスのエルゴラピード、電動工具メーカーであるマキタのクリーナーなど、いわゆる大手家電メーカー以外のメーカーが発売しているカテゴリとなっており、ここ数年で飛躍的に台数を伸ばしています。運転時間が10分〜長いもので30分程度使える点、電池性能の向上により充電時間が短くなり、電池の寿命も伸びた点、どこでも持っていける軽さなどが消費者から評価を得ており、価格も2万円〜4万円台が多い中で好調に推移しています。
ハンディタイプ

コードレス式ハンディ掃除機 充電式クリーナー

このカテゴリにおいても、上記のスティックタイプがそのままハンディタイプにもなるものが多く、ハンディ/スティック兼用のものが売れている他、数千円〜1万円程度のパワフルタイプが主流です。また、2〜3000円で購入できる廉価な充電式ハンディクリーナーも小型家電の専業メーカーを中心に多数発売されています。

 

ロボットクリーナー(おそうじロボット)

ロボット掃除機 お掃除ロボットクリーナー

コードレスのスティックタイプと並び、もう一つ急成長しているカテゴリがこのロボット掃除機。大容量の電池を積んでいるため60分程度の最長運転が可能で、本体に付けられたセンサーで部屋の形状やゴミの位置などをチェックし、自動で部屋内を動きまわって掃除するタイプで、サイクロン式と同じく海外メーカーであるアイロボット社のルンバが2002年に発売以来じわじわと知名度を上げてきましたが、ここ2〜3年でメディアなどで頻繁に取り上げられたこともあり、ルンバのシェアが格段に伸びています。これを受けて日本メーカーも本格的にロボットクリーナーに参入したのが2011年ごろ。東芝のスマーボ、シャープのココロボといった独自の機種を発売し対抗しています。ロボット掃除機のシェアはクリーナー全体の10%ほどとなっており、国内メーカーにも無視できないものとなっているようです。

 
アレルギー対策の掃除機 予算別・掃除機の選び方 排気のきれいな掃除機 音の静かな掃除機 【特集】ふとんクリーナー