MC-SS320GX 【パナソニックのサイクロン式クリーナー】最安値を紹介!

MC-SS320GX

MC-SS320GX パナソニック サイクロン掃除機

MC-SS320GXは、パナソニックのサイクロンクリーナーです。
サイクロン掃除機のハイエンドモデルとして、ダブル反転気流を新採用し、
微細塵もULPAフィルターにより約99.999%捕集し、パワーがさらに持続し排気も清潔。

 

また、LEDナビライト搭載のヘッドがゴミを取り逃さず、
従来機種から好評のnanoe(ナノイー)による空間清浄や、
エコナビ、低運転音などの機能を盛り込んだ上位クラス機種になっています。

 

後継機種→MC-SS330GX

 

 

主な特長

ダブル反転気流&ULPAフィルターで微細塵をしっかりキャッチ

MC-SS320GXは、カップ中央部のメッシュフィルターに目詰りしにくく工夫した
「ダブル反転気流」により、ゴミを効率よく分離してカップに収めます。
取りきれなかったさらに微細なゴミは、本体内部のULPAフィルターにより
しっかり補じん。サイクロン掃除機でトップクラスのきれいな排気です。

排気のきれいな掃除機ランキング

LEDナビライト&ハウスダスト発見センサーでさらにゴミがしっかり取れる

従来モデルにも搭載され、おなじみの「ハウスダスト発見センサー」で
微細なゴミも感知するだけでなく、ノズル先端に搭載された
LEDナビライトで暗いところもしっかり照らし、取り残しを減少。

アイドリングオフ機能を追加したエコナビで節電にも配慮

ヘッドを持ち上げるとブラシの回転が止まるだけでなく、
数秒後に本体モーターの運転も停止。物の移動などで
手を止めている時に無駄な電力消費を防ぎます。

本体・ノズル・延長管の低騒音化設計

MC-SS320GXはトップクラスの静音設計54dBのサイクロン掃除機。
サイレンサー構造により、モーター音、振動音などが低減しました。

静かなサイクロン掃除機おすすめランキング

 

最安値価格、最安値ショップを紹介

参考価格

MC-SS320GXの発売開始時価格:79,800円

Amazonの最安値

 

楽天市場の最安値

パナソニック サイクロン掃除機 MC-SS320GX

 


MC-SS320GXのレビュー、使用感

MC-SS320GXは、新たに「ダブル反転気流」構造を採用したサイクロンクリーナーです。前モデルであるMC-SS310GXと本体質量やサイズはほぼ同じでマイナーチェンジに近いですが、サイクロンボックスの内部を改良し、カップ中央部のメタルメッシュシリンダーを挟んで外側の風(大きいゴミの遠心分離と圧縮)と内側の風(強力な反転気流で細かいゴミが上部の逃がさんフィルターに付着するのを抑制)が発生することで、従来機種に比べてフィルターへの目詰りを軽減させました。さらに微細なゴミは新採用のULPAフィルター(本体内部に装着)によりキャッチしますので、強力パワーが持続し、お手入れ性や排気のクリーンさが向上しています。

 

その他の点ではエコナビ、ナノイー、パワフル自走ノズル、親子のノズル、静音設計など使いやすさでは群を抜いていた前モデルからの流れを踏襲しており、新しく搭載されているLEDナビライトやアイドリングオフ機能が加わってさらにパワーアップしています。どんな家庭、どんな方が使っても高い満足度を得られるバランスの良いサイクロンクリーナーとして非常におすすめで、同等性能、同価格帯で迷ったらこの機種といっても過言ではありません。

 

なお、上位モデルにあたるMC-SS520GXとMC-SS320GXは本体サイズ、付属品などまったく同一で、本体カラーリングと運転音が若干異なっています。MC-SS320GXは従来の塗装によるカラーリングで、MC-SS520GXはフィルム加飾により、より高級感のあるデザインとなっています。

 

MC-SS320GXの仕様(スペック)

型名 MC-SS320GX
カラーバリエーション

MC-SS320GX-P(メタリックピンク)
MC-SS320GX-S(シャイニーシルバー)

吸込仕事率 440W〜約90W
消費電力 1000W〜約300W
本体寸法(幅×奥行×高さ) 268×400×313mm
本体質量 5.1kg
ホース、延長管、ノズルを合わせた質量 7.1kg(モーターブラシ)
運転音 54dB〜約48dB
集塵容積 0.6L
発売年月 2012年9月

 

MC-SS320GX 関連機種

MC-SS220G
(パナソニック)

同じデザインの下位機種ですが、音が1dB大きい(55dB)点と本体カラー、ナノイーイオン放出機能が付いていないが異なる掃除機です。2012年9月発売。

EC-WX310
(シャープ)

シャープの上位クラス機種。パナソニックよりやや重いですが、運転音はMC-SS320GXを上回る52dBの静音設計、ゴミのスクリュー圧縮などが特長。2012年9月発売。

DC48タービンヘッド
(ダイソン)

本体2.7kg、コンパクトな「ダイソンボール」。運転音も旧機種より静音化しながらもサイクロンの分離性能やヘッドの集塵能力は従来と変わらない、日本市場向けモデル。2013年4月発売。

CV-SW7000
(日立)

日立のサイクロン掃除機最上位モデル。静音設計の53dBとトップクラスのクリーン排気が魅力。本体はやや大きめですがカーボンライトとスマートホースで手元が軽く、なおかつしっかりお掃除できます。2012年7月発売。

 

ニュースリリース発表時の記事

パナソニック 家庭用サイクロン式掃除機「MC-SSシリーズ」を発売(2012年8月6日発表)

 

パナソニックは、2012年9月25日よりサイクロン式クリーナー「MC-SS520GX/SS320GX/SS220G」の3機種を発売します。

 

発売型式:
MC-SS520GX(サイクロン式掃除機)
MC-SS320GX(サイクロン式掃除機)
MC-SS220G(サイクロン式掃除機)

 

従来機種(MC-SS310GXなど)に採用されている「パワープレスサイクロン」の構造を改良し、「ダブル反転気流」と「ULPAフィルター」を新たに搭載することでパワー長持ち、そして好評のLEDナビライトが床下のゴミの取り残しを軽減するパワフル自走ヘッドが特長です。MC-SS320GXがハイグレードモデル、MC-SS520GXは同一性能ですが本体外観が塗装ではなくフィルム加飾でカラーリングが豪華なトップグレードタイプとなり、MC-SS220GはMC-SS320GXから低騒音化設計とナノイーイオン発生の機能を取り除いた下位モデルとなっています。

 

  • 新採用の「ダブル反転気流」と「ULPAフィルター」で微細塵をしっかりキャッチ
  • サイクロンボックス内には、新開発した「ダブル反転気流」により、円筒形のメタルメッシュシリンダー内への細塵の侵入を抑制することに成功。それでも内側に入ってくる目に見えない細塵は「逃がさんフィルター」で取り込みます。逃がさんフィルターにも捕集できない微細塵は、「ULPAフィルター」がしっかりキャッチ。0.3μメートル以上の微細塵も99.999%キャッチする高性能フィルターです。これらにより強力パワーがより長く持続し、お手入れ性や排気の清潔性が高まりました。

     

  • LEDナビライトで取り残していたゴミも逃さない
  • 先に発売となった紙パック式クリーナー(MC-PA220GXMC-PA22Gなど)にも搭載されている「LEDナビライト」がサイクロンクリーナーのヘッドにも搭載されました。机の下、部屋の隅などのゴミがしっかり見えるので取り残しも少なくなります。もちろん、「ハウスダスト発見センサー」も引き続き搭載されており、床下のハウスダストを検知してランプで知らせてくれます。



 
アレルギー対策の掃除機 予算別・掃除機の選び方 排気のきれいな掃除機 音の静かな掃除機 【特集】ふとんクリーナー