CV-PW300 【日立の紙パック式クリーナー】の最安値ショップを紹介!

CV-PW300 かるパック

CV-PW300 日立 紙パック式クリーナー

CV-PW300は、日立(HITACHI)の紙パック式クリーナーです。同社の紙パック掃除機の最上位機種となっており、パワーはもちろんのこと、軽量で引き回ししやすくなったスマートホースを新採用し、引き続きカーボンライト素材の軽量パイプ&ヘッド、高性能な排気フィルターを搭載している高性能紙パック式掃除機です。特に排気面は紙パック式クリーナーの中でもトップクラスのクリーンさを誇り、国際規格であるIEC(国際電気標準会議)基準で捕集率99.999%という高い数字を出しています。これはサイクロン掃除機を含めても高級クラスと同等になります。

 

主な特長

 

最安値価格、最安値ショップを紹介

参考価格

CV-PW300の発売開始時価格:59,800円

 

Amazon.co.jpの最安値

 

楽天市場の最安値

日立 紙パック式掃除機 CV-PW300

 

CV-PW300の紙パック・別売オプション


 

CV-PW300のレビュー、使用感

CV-PW300は、日立では最上級の紙パック式掃除機となっていて、吸込仕事率は500Wと最近の強力なパワーの掃除機に比べると標準的という印象がありますが、新たにモーター音を抑制することにより運転音が59dBに低減し、前モデルであるCV-PU300から引き続き排気の面で非常に気を配っており、高気密構造と高性能フィルターにより捕集率99.999%を実現。小さい子供のいる家庭、排気を気にする方には特にオススメの機種になります。サイクロンクリーナーで同様の捕集率を謳っているクリーナーは多いですが、紙パック式掃除機はサイクロンクリーナーと違ってお手入れの際に微細なゴミが舞いにくいというメリットもあります。

 

排気面について具体的には紙パックの後方にアレルオフフィルター、高集塵フィルター、モーター周りは高気密モーターケースといったもので微細なゴミを取り逃さず、排気のクリーンさを確保しています。また、使いやすさでもカーボンライトという素材を使ったパイプやヘッド部分も軽くて使いやすく、新採用した細身のスマートホースとともに引き回しや手元の軽さを演出しています。サイクロン式クリーナーではフィルターの目詰りや手入れが気になる、重くて使いにくいといった不満点を解消することのできるクリーナーに仕上がっています。パワフル自走のワイドヘッドやecoこれっきり運転など、機能面でも申し分ありません。

 

下位機種であるCV-PW20は排気フィルターなどがカットされている代わりに紙パック式掃除機ではトップの吸込み仕事率660Wを誇っています。排気面重視の方はCV-PW300、パワー面やコストパフォーマンス重視の方はCV-PW20とかるパック2機種の強みが分けられており、選ぶ側にも分かりやすくなっています。

 

仕様(スペック)

型名 CV-PW300
カラーバリエーション

CV-PW300-R(ルビーレッド)
CV-PW300-N(シャンパン)

吸込仕事率 500W〜約80W
消費電力 1000W〜約200W
本体寸法(幅×奥行×高さ) 266×330×224mm
本体質量 3.8kg
ホース、延長管、ノズルを合わせた質量 5.4kg(モーターブラシ)
運転音 59dB〜約51dB
集塵容積 1.7L
発売年月 2012年7月

 

【ニュースリリース発表時の記事】
日立 家庭用紙パック式式掃除機「CV-PWシリーズ」を発売(2012年7月3日発表)

 

日立は、2012年7月21日より紙パック式クリーナー「CV-PW300/CV-PW20/CV-PW10」の3モデルを発売します。

 

発売型式:
CV-PW300(紙パック式掃除機)
CV-PW20(紙パック式掃除機)
CV-PW10(紙パック式掃除機)

 

日立の紙パック掃除機「かるパック」シリーズの3機種がリニューアルして登場します。CV-PU300CV-PU20CV-PU10のそれぞれ後継機種となっています。

 

  • カーボンライト&スマートホース
  • 前モデルにはじめて採用され、好評だった「カーボンライト素材」(カーボン繊維強化プラスチック)を継続。パイプやヘッドなどの軽量化だけでなく、本体も軽量化。そして、新たにホースも旧機種から17%の軽量化を行い、表面をなめらかにしたことで衣服や家具にも引っかかりにくくなり、細く軽く取り回しラクラクになりました。(カーボンライトはCV-PW300、CV-PW20に採用。スマートホースはCV-PW300に採用)

     

  • 運転音の低減(CV-PW300)
  • ファンモーターの羽根音や振動音を抑制することにより、従来機種(CV-PU300)同等の本体質量3.8kgでありながら、運転音を4dB低減し、59dBとなりました。

     

  • 紙パック掃除機業界トップクラスのパワー(CV-PW20、PW10)
  • 新開発の高性能ファンモーターを搭載し、さらに高出力が実現したことにより、紙パック式クリーナーにおいて業界トップクラスの強烈パワー、吸込仕事率660Wとなりました。


日立 紙パック式クリーナー かるパック CV-PW300 | 掃除機・クリーナーの正しい選び方関連ページ

CV-PA300
CV-PA30
CV-PY30
CV-VW7

 
アレルギー対策の掃除機 予算別・掃除機の選び方 排気のきれいな掃除機 音の静かな掃除機 【特集】ふとんクリーナー