CV-SY200 【日立のサイクロン式クリーナー】の最安値ショップを紹介!

CV-SY200 小型の2段ブーストサイクロン

CV-SY200 日立 サイクロン掃除機

CV-SY200は、日立(HITACHI)のサイクロン式クリーナーです。同社のサイクロン掃除機の特長である、遠心分離部分と集塵部分の2つのカップを搭載した「2段ブーストサイクロン」の小型・軽量の掃除機です。

 

CV-SY200は、2012年発売モデルであるCV-SW200の本体サイズと同じで、小型でコンパクトさをウリにしています。旧モデルのCV-SW200よりも軽量化し本体の重さは3.5kg→2.9kgになりましたが、吸込仕事率も400W→330Wへダウンしており、どちらかと言うとセカンドクリーナーや高齢者向けのサイクロン掃除機といった位置づけになっているようです。

 

CV-SY200後継機種:CV-SA200

 

 

主な特長

軽量&スリムの「スマートヘッド」を新搭載。押しても引いてもキレイにゴミ取り

日立掃除機に搭載されていた「カーボンライト」素材のワイドごみハンターヘッドに代わり、CV-SY200には「スマートヘッド」が新しく採用されました。従来のヘッドより30gの軽量化とスリム化を図りつつ、ヘッドを押した時だけでなく、引いた時にもゴミを巻き込みながら吸い込むことができるようになりました。

パイプとヘッドのカーボンライト&スマートホースで軽々お掃除

従来モデルにも搭載され好評だった軽量素材、カーボンライトのパイプとヘッド、さらに細身でしなやかなスマートホースを継続して採用しています。

本体2.9kgの軽量設計

CV-SY200は本体が2.9kgと日立のキャニスター掃除機では最軽量。本体も、ホースもヘッドも扱いやすいクリーナとなっています。

 

最安値価格、最安値ショップを紹介

参考価格

CV-SY200発売開始時価格:49,800円

Amazonの最安値

 

 

楽天市場の最安値

日立 サイクロンクリーナー CV-SY200


 

CV-SY200 レビュー、使用感

日立のCV-SY200は、小型で使いやすいサイクロン掃除機「2段ブーストサイクロン」のシリーズで、旧モデルのCV-SW200よりも軽量化を行い、本体が2.9kgと2kg台となっています。吸込仕事率は330Wです。

 

定価5万円(実売では3万円〜4万円台)程度のサイクロン掃除機のゾーンは、メーカーとしては台数も見込め、現在最も競合が激しい価格帯となっており、各社このゾーンに小型・軽量の掃除機を投入しラインアップを厚くしています。

 

他社製品で同等レベルを探すと、パナソニックの「プチサイクロン」MC-SC31RG/MC-SR31G(本体2.8kg、吸込仕事率300W)、シャープのEC-QX310(本体2.4kg、吸込仕事率300W)、三菱電機のTC-EXC10P(本体2.4kg、吸込仕事率300W)、東芝のVC-S33(本体2.9kg、吸込仕事率180W)、コードレスのダイソン DC45(本体2.3kg、吸込仕事率65W)などが挙げられます。

 

日立のCV-SY200も、これらの掃除機とほぼ同価格帯・同性能帯のものですが、日立ならではの優位点としては新開発の「スマートヘッド」があります。通常の軽い自走式パワーブラシはもちろんのこと、ヘッドを引いた時にもしっかりとゴミを吸いとることができるようになっています。

 

また、他社機種はこのあたりの価格帯の機種以上のモデルでは、多くの割合で遠心分離サイクロンを採用していますが、日立は最上位モデルから下位モデルに至るまで全てのサイクロン掃除機でティッシュペーパーを使い、ネットフィルターに付着するゴミを軽減して目詰りを抑える方式を採っています。

 

これは、目詰まりのしにくさや日々のお手入れ面は遠心分離サイクロンに劣りますが、サイクロン部分の構造が簡素化できるため、高齢の方などには逆に好意を持って受け入れられている側面もあり、軽視できません。

 

本来のサイクロンではなく、いわゆる「なんちゃってサイクロン」と呼ばれているため、高級機種のレベルではあまり受けがよくありませんが、比較的廉価帯では一般的です。

 

本体の分離性能などは他社製品に譲る部分もありますが、ヘッドやパイプの軽量化で掃除がしやすいクリーナーに仕上がっており、この部分は高評価です。

 

仕様(スペック)

型名 CV-SY200
カラーバリエーション

CV-SY200-R(レッド)

吸込仕事率 330W〜約40W
消費電力 850W〜約180W
本体寸法(幅×奥行×高さ) 230×358×275mm
本体質量 2.9kg
ホース、延長管、ノズルを合わせた質量 4.4kg(モーターブラシ)
運転音 59dB〜約55dB
付属品 クルッとブラシ、サッとハンドル、すき間用吸口、お手入れブラシ、別売吸口接続用アタッチメント、ティッシュペーパー1枚(ダストケース装着)
集塵容積 0.25L
発売年月 2013年8月

 

日立「2段ブーストサイクロン」2013年モデル比較表

CV-SY7000

CV-SY5000

CV-SY500

CV-SY300

CV-SY200

CV-SY100

商品写真

日立 サイクロン掃除機 CV-SY7000

日立 サイクロン掃除機 CV-SY5000

日立 サイクロン掃除機 CV-SY500

日立 サイクロン掃除機 CV-SY300

日立 サイクロン掃除機 CV-SY200

日立 サイクロン掃除機 CV-SY100

本体サイズ

幅268×奥行405×高さ313mm

幅230×奥行358×高さ275mm

本体質量
(標準質量)

4.8kg(6.3kg)

3.6kg(5.1kg)

3.5kg(5.0kg)

2.9kg(4.4kg)

ヘッド

スマートヘッド(幅30cm・自走式)

ごみハンターヘッド(幅26cm)
吸込仕事率

470〜約50W

400〜約50W

330〜約40W

消費電力

1,000〜約200W

950〜約190W

850〜約180W

運転音

52〜約48dB

53〜約48dB

57〜約53dB

59〜約55dB

集じん容積

0.4L

0.25L

カーボンライト

ecoモード

●(ecoこれっきり運転)

クリーン機能

・高気密集じん構造
・クリーンフィルター
・アレルオフ加工、抗菌加工
・分散上方排気

・高気密集じん構造
・クリーンフィルター
・アレルオフ加工、抗菌加工
・上方排気

・高気密集じん構造
・クリーンフィルター
・アレルオフ加工、抗菌加工
・分散上方排気

・クリーンフィルター
・抗菌加工
・分散上方排気

・クリーンフィルター
・抗菌加工
・分散上方排気

・クリーンフィルター
・抗菌加工
・分散上方排気

排気性能

0.3〜10ミクロン以上の微細じんを99.999%補じん

0.3〜10ミクロン以上の微細じんを99.9%補じん

付属品

・ワイド曲が〜るロング吸口
・クルッとブラシ
・サッとハンドル
・お手入れブラシ、すき間用吸口、アタッチメント、ティッシュペーパー(ダストケース装着)1枚

・クルッとブラシ
・サッとハンドル
・お手入れブラシ、すき間用吸口、アタッチメント、
ティッシュペーパー(ダストケース装着)1枚

・サッとハンドル
・お手入れブラシ、クルッと切替えブラシ吸口、アタッチメント、
ティッシュペーパー(ダストケース装着)1枚

発売時期

2013年7月

2013年8月

発売時想定価格

79,800円

69,800円

69,800円

59,800円

49,800円

39,800円

型名

CV-SY7000

CV-SY5000

CV-SY500

CV-SY300

CV-SY200

CV-SY100

 


日立 サイクロン掃除機 小型・軽量 2段ブーストサイクロン CV-SY200 | 掃除機・クリーナーの正しい選び方関連ページ

CV-SA700
CV-SA500
CV-SA300
CV-SY7000
CV-SY5000
CV-SY500
CV-SY300
CV-SY100
CV-SY8
PV-BA100
CV-JS300(ジャパネットたかたモデル)

 
アレルギー対策の掃除機 予算別・掃除機の選び方 排気のきれいな掃除機 音の静かな掃除機 【特集】ふとんクリーナー