DC48タービンヘッド 【ダイソンのサイクロン式クリーナー】の最安値ショップを紹介!

DC48タービンヘッド(DC48TH)

DC48タービンヘッド ダイソン サイクロン掃除機

DC48タービンヘッド(DC48TH)は、ダイソン(dyson)のサイクロン式クリーナーです。2012年9月発売のサイクロンクリーナー「DC46シリーズ」と比較して30%の小型化・40%運転音を低減したモデルとなっています。「ダイソンデジタルモーター V4」により本体の運転音を低減し、小型化を行いつつ、これまでのダイソンのクリーナーよりも高い集塵性能を実現するということになりました。

 

また、「dyson Ball(ダイソンボール)」という形状が採用されており、サイクロンカップ以外は本体後方の球体の中に収められたことで重心が低くなり、小回りが効いて狭い範囲でもクルリと回ってくれ、取り回しのしやすいクリーナーとなっています。

 

DC48 THは「タービンヘッド」というとおり、ノズル部分の回転ブラシは空気を取り入れて回すタイプで、フローリングや畳がメインの家庭やマンションに適したサイクロンクリーナーです。ダイソンではDC48シリーズにはカラーバリエーションを展開することになり、DC48モーターヘッド(DC48 MH)は本体色がフューシャピンク(型名:DC48MHSF)とパープル(DC48MHSP)、そしてタービンヘッドを採用したDC48 THではブルー(DC48THSB)とイエロー(DC48THSY)が発売されています。DC48モーターヘッドは、カラーリング、ヘッド部分の違いと「タングルフリータービンツール」が同梱されている点が異なります。

 

DC48タービンヘッド後継機種:DC63タービンヘッド(DC63TH)

 

主な特長

  • 本体質量2.7kg・ヘッド部分も軽量化
  • 新モーターにより運転音を低減
  • お手入れラクラク、1年に1回水洗いのフィルター
  • 参考:排気のきれいな掃除機ランキング

  • ボール型で取り回しのしやすい構造

 

最安値価格、最安値ショップを紹介

参考価格

DC48タービンヘッド発売開始時価格:89,800円

楽天市場の最安値

ダイソン サイクロンクリーナー DC48タービンヘッド

 

 

Amazonの最安値

 

 

DC48タービンヘッド(DC48 TH) レビュー、使用感

DC48タービンヘッドは、2011年に発売されるや話題となり、一躍ダイソンの主力機種となった「dyson Ball」の小型モデルで、モーターが入っていないエアタービンのブラシを搭載したサイクロンクリーナーです。なんといっても本体質量2.7kg・標準質量4.75kgという小型化がびっくりで、ダイソンのキャニスタークリーナー史上最軽量だったDC26シリーズの3.3kg(標準質量5.88kg)を大幅に下回ります。なおかつ集塵性能をDC46 モーターヘッド並にし、静音も実現したということで、ダイソンの代名詞だった「大きくて、うるさい掃除機」のイメージが完全に取り去られたといっても過言ではありません。ヘッド部分も軽量となり、実際に掃除機をかけていて非常に手元が軽く、それでいて高い集塵性能を持っているようです。

 

本体のサイズは国内メーカーで売れ筋のコンパクトタイプであるパナソニックのMC-SR20G(本体2.8kg)、シャープのEC-PX210(本体2.7kg)、東芝のVC-SG512(本体3.3kg)といったサイクロンクリーナーと肩を並べます。価格はダイソンなのでメーカー定価ベースで9万円前後と非常に高いですが、同じダイソンのDC46MHCOMの市場実勢価格が6万円台前半という状況(2013年3/28時点)なので、このDC48THもそのレベルの価格まで下落してくれば買いのサイクロンクリーナーではないでしょうか。

 

ヘッドのかけ心地はモーターヘッドよりもタービンヘッドのほうが軽いです。その分、じゅうたんでの集塵率がやや落ちますので、フローリングメインの家庭や少しでも手軽に使いたい方はタービンヘッドを選ぶと良いでしょう。個人的な感想としては、日本の住宅でしたらDC48タービンヘッドで十分に思います。

 

DC46と比較すると、プレモーターフィルター(ダストカップ中央のスポンジフィルター)の水洗いの頻度が3年→1年ごととなっている、ダストカップの容量が0.58L→0.5Lとなっているといった小型化によるマイナス面はありますが、日本市場に合わせて従来の性能を維持しながら軽量化し、非常に使いやすく進化したダイソンのクリーナーとして高い人気を得そうです。

 

なお、ダイソンのサイクロンクリーナー比較表を下記にまとめております。

 

仕様(スペック)

型名 DC48TH
カラーバリエーション

DC48THSB DC48タービンヘッド サテンブルーアイアン/サテンブルー(型名:DC48THSB)
DC48THSY DC48タービンヘッド サテンイエローアイアン/サテンイエロー(型名:DC48THSY)

吸込仕事率 170W
消費電力 1150W
本体寸法(幅×奥行×高さ) 192×361×253mm
本体質量 2.7kg
ホース、延長管、ノズルを合わせた質量 4.75kg(タービンブラシ)
運転音 未公表
集塵容積 0.5L
発売年月 2013年4月

 

ダイソン サイクロンクリーナー比較表

DC48モーターヘッド

(DC48MH)

DC48タービンヘッド

(DC48TH)

DC46モーターヘッド

(DC46MHCOM)

DC46タービンヘッド

(DC46THCOM)

商品写真

ダイソン DC48モーターヘッド DC48MHSF

ダイソン DC48タービンヘッド DC48THSB

ダイソン DC46モーターヘッド DC46MHCOM

ダイソン DC46タービンヘッド DC46THCOM

本体サイズ

幅192×奥行361×高さ253mm

幅221×奥行448×高さ292mm

本体質量
(標準質量)

2.8kg

(4.95kg)

2.7kg

(4.75kg)

4.13kg

(6.55kg)

4.13kg

(6.23kg)

ヘッド モーターヘッド(カーボンファイバーブラシ搭載) タービンヘッド(カーボンファイバーブラシ搭載) モーターヘッド(カーボンファイバーブラシ搭載) タービンヘッド(カーボンファイバーブラシ搭載)
吸込仕事率

170AW

180AW

消費電力

1150W

1100W

運転音

非公表(DC46より40%低減)

非公表

集じん容積

0.5L

0.58L

サイクロンの分離性能・排気性能

0.5ミクロンの微細なゴミを空気から99.8%分離。ポストモーターフィルターで0.3ミクロンの微細なゴミをほぼ100%キャッチ

排気フィルター

水洗いのみのプレモーターフィルター(スポンジフィルター)

洗浄・交換不要ポストモーターフィルター(HEPAレベルのフィルター)

お手入れ

プレモーターフィルターを1年に一度洗浄

プレモーターフィルターを3年に一度洗浄
付属品 フトンツール、フレキシブル隙間ノズル、ソフトブラシツール、タングルフリーターリビンツール フトンツール、フレキシブル隙間ノズル、ソフトブラシツール フトンツール、フレキシブル隙間ノズル、ソフトブラシツール、タングルフリーターリビンツール
発売時期

2013年4月

2012年9月

発売時想定価格

97,800円

89,800円

92,800円

87,800円

型名

DC48モーターヘッド

DC48タービンヘッド

DC46モーターヘッド

DC46タービンヘッド

 

DC48 ゴミ捨て お手入れ 動画

 

DC63MH 関連機種



 
アレルギー対策の掃除機 予算別・掃除機の選び方 排気のきれいな掃除機 音の静かな掃除機 【特集】ふとんクリーナー