DC45MH 【ダイソンのコードレス型スティッククリーナー】の最安値ショップを紹介!

DC45MH ダイソン デジタルスリムMK2

DC45MH ダイソン コードレスクリーナー

DC45MH (DC45モーターヘッド、ダイソン デジタルスリムMK2)は、ダイソン(dyson)のサイクロン式クリーナーです。充電池に充電して使うコードレス型のスティッククリーナーとなっており、他の一般的なコードレスクリーナーに比べて2倍以上のパワフルなモーターと、軽量で場所を選ばずどこでも使用出来るという利便性から人気に火がつき、コードの付いた横型クリーナー(キャニスター型)の市場をロボットクリーナーとともに脅かす存在となっています。

 

DC45モーターヘッドは、2011年2月に発売されたDC35MHと比べ、新しい技術を盛り込んだ大容量バッテリーにより、連続使用時間が20分に伸び、さらにヘッド部分のパワーも2倍になったということで、コードレスであるにもかかわらず、他社の一般的なコード付きクリーナーと変わらない、またはそれ以上という高いゴミ集塵率を実現しました。

 

2013年4月に、ピンクの新色(フューシャピンク/ニッケル、型名:DC45MHSF)を追加投入しました。下記にあるとおり、ダイソンオンラインストア限定色のDC45MHCOMでしか手に入れることができなかったピンク色が店頭でも購入できることになりました。

 

2013年9月には、後継機種としてDC62MH(DC62モーターヘッド)、DC62MC(DC62モーターヘッドコンプリート)の2機種が発売されました。

 

DC45MHCOM ダイソンデジタルスリム

また、ダイソンオンラインストアでは、DC45MHのピンクにフトンツール、フレキシブル隙間ノズルの2点のツールをさらに同梱したDyson Digital Slim DC45 モーターヘッド コンプリートを64,800円で販売しています。ダイソンオンラインストアのみでの限定商品です。

 

DC45モーターヘッドコンプリートの紹介ページはこちら

 

主な特長

  • コード式クリーナー並の吸引性能を実現
  • コードレスなので車の中やなど場所を選ばずどこでも掃除
  • ダイソンならではの吸引力が落ちないサイクロン
  • 新バッテリーで長くなった使用時間(20分)

 

最安値価格、最安値ショップを紹介

ネットショップ等でDC45MHの「並行輸入品」、あるいは「DC44アニマル」といった商品が一部ネットショップで販売されています。ダイソンの並行輸入品は、以下の点が日本国内正規品と異なります。

  • メーカー保証(2年間)が適用されないので修理対応してくれない
  • 充電器の電源電圧が異なる

また、DC44Animalについては、上記に加えさらに

  • 通電する付属品の購入ができない

という点がDC45MH国内正規モデルと異なります。モーターヘッドや充電池がダイソンのサポートから手に入れることができないとのことでした。
充電器の電源電圧が異なるケースについては、販売店で日本国内用充電器をサービスしていたり、変換することによって国内で使用可能となりますが、それ以外の点は大変重要なポイントになると思います。並行輸入品のほうが安いのですが、初期不良が起こった場合や部品交換の際に非常に苦労するというケースが考えられますので、その点購入時によくご注意ください。

 

参考価格

DC45MH デジタルスリムの発売開始時価格:59,800円

Amazonの最安値

 

 

楽天市場の最安値

ダイソン コードレススティッククリーナー DC45モーターヘッド

 

 

DC45MH ダイソン デジタルスリム レビュー、使用感

DC45MH ダイソン デジタルスリムは、ダイソンで2006年から発売されているコードレス型ハンディクリーナーに、ダイソン独自の高性能なデジタルモーターを改良して搭載し、お部屋の床や高いところなどを掃除できるアルミ製のロングパイプ、キャニスター型のクリーナーにも採用されているカーボンファイバーブラシを搭載したモーターヘッドなどを付属させて発売したコードレススティッククリーナーです。充電池がフル充電で20分間の連続使用が可能になっており、どこでも使用出来るということでに大変人気になっています。

 

DC45MHは新しいバッテリーになっており、パワー面がさらにアップしましたので、実際に使ってみても非常に軽量ながらお部屋を掃除するには十分なパワーがあります。バッテリーがすぐに取り外しできるところが地味ながら気に入った点で、交換用バッテリーがダイソンのオンラインショップで購入可能、自分で簡単に交換ができるようになっています。軽量・小型のクリーナーの需要が非常に高まっており、各社から小型のキャニスター掃除機は発売となっていますが、コードレスのスティッククリーナーの本機は比較にならないほど便利です。ネックは価格面ですが、コード式のクリーナーと遜色ない吸引性能で手軽なコードレス、しかもお手入れがラクラクなダイソンでしたら十分に買いの一品ではないかと思います。

 

仕様(スペック)

型名 DC45MH
カラーバリエーション

DC45MH DC45モーターヘッド サテンブルーサテンブルー/ニッケル
DC45MHSF DC45モーターヘッド サテンフューシャ ピンクサテンフューシャ/ニッケル(2013/4月より追加、型名:DC45MHSF)

吸込仕事率 65W/29W
消費電力 -W
本体寸法(幅×奥行×高さ) 217×1224×205mm(モーターヘッド、パイプ、バッテリー含む)
本体質量 0.91kg
ホース、延長管、ノズルを合わせた質量 2.3kg(モーターブラシ)
運転音 -
集塵容積 0.35L
発売年月 2012年9月

 

ダイソン コードレススティッククリーナー比較表

DC62
モーターヘッド
コンプリート
(DC62MC)

DC62
モーターヘッド(DC62MH)

DC45
モーターヘッド
コンプリート
(DC45MHCOM)

DC45
モーターヘッド
(DC45MH
/DC45MHSF)

DC35
モーターヘッド(DC35MH)

商品写真

ダイソン DC62モーターヘッドコンプリート

ダイソン DC62モーターヘッド

ダイソン コードレススティッククリーナー DC45MHCOM

ダイソン コードレスサイクロン掃除機 DC45MH

ダイソン コードレスサイクロン掃除機 DC35MH

本体サイズ

幅210×長さ1180×高さ208mm

幅217×長さ1224×高さ205mm

本体質量

2.03kg

2.03kg

2.3kg

2.22kg

ヘッド 改良版モーターヘッド(カーボンファイバーブラシ搭載) モーターヘッド(カーボンファイバーブラシ搭載)

吸込仕事率
(通常/強)

28AW/100AW

28AW/65AW

運転時間
(通常/強)

20分(モーターヘッド使用時は17分)/6分

20分/8分

15分(モーターヘッド使用時は13分)/6分
充電時間

3.5時間

5.5時間

3.5時間

集じん容積

0.4L

0.35L

排気フィルター

水洗いのみのプレモーターフィルター(スポンジフィルター)

お手入れ

プレモーターフィルターを1ヶ月に一度洗浄。サイクロンやダストカップの水洗いは不要

付属品

・フトンツール
・フレキシブル隙間ノズル
・ソフトブラシツール
・ミニモーターヘッド
・コンビネーションノズル
・隙間ノズル
・充電器
・収納用ブラケット

・ミニモーターヘッド
・コンビネーションノズル
・隙間ノズル
・充電器
・収納用ブラケット

・フトンツール
・フレキシブル隙間ノズル
・ミニモーターヘッド
・コンビネーションノズル
・隙間ノズル
・充電器
・収納用ブラケット

・ミニモーターヘッド
・コンビネーションノズル
・隙間ノズル
・充電器
・収納用ブラケット

発売時期

2013年9月

2012年9月

2011年2月
発売時想定価格

79,800円

69,800円

64,800円(ダイソンオンラインストア専売商品)

59,800円

49,800円

型名

DC62MC

DC62MH

DC45MHCOM

DC45MH/

DC45MHSF

DC35MH

 

【ニュースリリース発表時の記事】
dyson コードレスサイクロンクリーナー「dyson デジタルスリム DC45MH」を発売(2012年9月11日発表)
ダイソンは、2012年9月27日より充電式のサイクロンクリーナーの新製品を発売します。

 

発売型式:
DC45MH(DC45モーターヘッド)

 

2011年に発売され、大人気となったモデルである「DC35MH(DC35モーターヘッド)」の進化版として発売されるDC45MH。本体デザインはそのままにカラーリングを変更、軽量ながら独自開発のデジタルモーターで圧倒的なパワーを誇ります。もちろん、ダイソンならではの強力な遠心分離を生み出すサイクロンは健在で、こと他社の充電式クリーナーではフィルターへの目詰りが当たり前になっているサイクロン部分はほとんどお手入れいらず、ゴミ捨て以外には1ヶ月に1回のペースで水洗いするだけのフィルターのみとなっています。

 

  • 新技術を搭載したバッテリーで運転時間が20分に
  • 新機種であるDC45モーターヘッドは、DC35MHまで使われていた充電バッテリーが新しい「ニッケルマンガンコバルト」という技術を盛り込むことにより、DC35MHでの連続運転時間が15分(強モードで6分)から、20分(強モードで8分)と長持ち運転ができるようになりました。充電電池で動かすという制約があるため、コードレス式クリーナーはなかなか運転時間が長く使えませんでしたが、あらたに大容量バッテリーを使用することによって長時間使用を実現しました。

     

  • モーターヘッドへの供給電力を2倍にし、より強力な集塵率を実現
  • DC45MHは、DC35MHに比べてモーターヘッドのモーターのパワーが2倍になりました。これにより、特にカーペットにおいてより強力にゴミをかきとることができるようになり、コードレス式とは思えないほどの集塵率を実現しました。他社製のコード式のクリーナーと比べても遜色なく、しかもそれ以上のゴミ取りができるようになりました。

 

DC45MH 関連機種



 
アレルギー対策の掃除機 予算別・掃除機の選び方 排気のきれいな掃除機 音の静かな掃除機 【特集】ふとんクリーナー