DC36THCOM 【ダイソンのサイクロン式クリーナー】の最安値ショップを紹介!

DC36 タービンヘッド コンプリート

DC36THCOM ダイソン サイクロンクリーナー

DC36THCOM タービンヘッド コンプリートは、ダイソン(dyson)のサイクロン式クリーナーです。「dyson Ball(ダイソンボール)」という愛称が付けられているとおり、本体後方が球体になっているのが見た目にもよく分かる特徴的な掃除機です。サイクロンの発生部分以外はこの球体の中に収められたことで重心が低くなり、倒れにくくなりました。また、写真左はじのホース連結部分が可動するようになりましたので、狭い範囲でもクルリと回ってくれ、取り回しのしやすいクリーナーとなっています。

 

こちらは「タービンヘッド」というとおり、ノズル部分にはモーターが入っておらず、吸込みの空気の力で回転するブラシとなっています。特にフローリングの多い家庭、毛足が短いじゅうたんがある家庭などに適したサイクロンクリーナーです。本体色がパープルになり、ヘッドがモーター内蔵になった機種がDC36MHCOM(DC36モーターヘッド)となります。

 

DC36THCOM後継機種→DC46タービンヘッドコンプリートDC48タービンヘッド

 

DC36THCOM タービンヘッドコンプリートの主な特長

  • カーボンファイバーブラシでフローリングのゴミも残さずとる
  • 吸引力が変わらない強力な遠心分離のサイクロン
  • お手入れラクラク、4年に1回水洗いのフィルター
  • ボール型で取り回しのしやすい構造

 

DC36THCOM タービンヘッドコンプリートの最安値価格、最安値ショップを紹介

参考価格

DC36THCOM タービンヘッドコンプリート発売開始時価格:84,800円

楽天市場の最安値

ダイソン サイクロンクリーナー DC36タービンヘッド

 

Amazonの最安値

 

 

DC36THCOM タービンヘッドコンプリート レビュー、使用感

DC36THCOM タービンヘッドコンプリートは、ダイソンの主力機種となっている「dyson Ball」の1モデルで、上記の通り空気の力で回転するエアタービンブラシを搭載したサイクロンクリーナーです。すっかりおなじみのキャッチコピー「吸引力が変わらない」というとおり、強力な遠心分離を発生させるサイクロン部分が自慢の掃除機で、実感としても他社に比べると目詰まりはかなり少なく、お手入れも4年に1回の水洗いで良いというプレモーターフィルターのみと、かなり楽になっています。吸込仕事率は170Wと数字としては低いですが、これはサイクロン部分の回転にパワーをかなり使っているということの表れで、吸引力が持続しつつぴったりと吸い付くようなノズル形状により、日本メーカー製品より非常に高いゴミのピックアップ率を誇っています。

 

ゴミのとれ方、サイクロン構造、取り回しのしやすさ、お手入れのラクさは他社よりかなり先を行っていますが、海外のメーカーだけあって日本メーカー特有の使いやすさといったところはまだまだという部分もあります。日本メーカーの掃除機を長く使ってきてダイソンへ切り替えると、やはり慣れるまでに時間がかかるといった感じはします。そのぶん、高い性能で勝負しているクリーナーであるといえるでしょう。

 

DC36THCOM タービンヘッドコンプリートの仕様(スペック)

型名 DC36THCOM
カラーバリエーション

-

吸込仕事率 170W
消費電力 1100W
本体寸法(幅×奥行×高さ) 223×438×290mm
本体質量 4.0kg
ホース、延長管、ノズルを合わせた質量 6.26kg(タービンブラシ)
運転音 -
集塵容積 0.68L
発売年月 2011年10月

 

DC36タービンヘッド 関連機種

DC46MHCOM(DC46モーターヘッドコンプリート):ダイソンボールの2012年後継機種
DC48MH(DC48モーターヘッド):小型・軽量・静音。2013年モデルのダイソンボール
DC36 ジャパネットたかたオリジナルモデル:テレビ通販、ネット通販の限定モデル。DC36タービンヘッドをベースにしています。



 
アレルギー対策の掃除機 予算別・掃除機の選び方 排気のきれいな掃除機 音の静かな掃除機 【特集】ふとんクリーナー